gosealhuntさんからこのほど、「『心臓に毛が生えている』というのはドイツ語で何と言うのでしょう?」というコメントをいただきました。おもしろい質問ありがとうございます!

結論から言ってしまいますが、、、、、わかりません。

でしたので、今日、この場でみなさんのお力を借りて、適切な言葉を見つけられたらな、と思っています。

私なりに考えてみた、調べてみたところ、
【心臓に毛が生えている】
厚顔無恥である。あつかましい。肝(きも)に毛が生えている。(デジタル大辞泉より)

から、


frech
dreist
unverschämt

の3つの形容詞が出てきました。
そしてこの3つの形容詞を調べたところ、


die Stirn haben, etwas zu tun

= die Unverschämtheit, Dreistigkeit besitzen, etwas zu tun; verkürzt aus älter “eine eherne Stirn haben”(= unbeugsam sein), nach Jes. 48, 4 (DUDEN Deutsches Universalwörterbuch)

という表現を見つけました。

上に上げた3つの形容詞ではいずれも、個々でだと【厚顔無恥】の意味合いはないかと思い、ぴんとこなかったのですが、
die Stirn haben
の意味には
die Unverschämtheit(無恥)とDreistigkeit(厚顔)
が入っているので、
これで行けるのでは!?と思います。

とはいえ、使ったことはもちろん、聞いたことさえない表現で、ドイツ人に聞いても、よく分からず……、で自信ありません。

心臓に毛が生えている、を表すのに、
この表現「die Stirn haben, etwas zu tun」は適切でしょうか?
実際よく使われている表現ですか?
ネガティブな意味でしょうか?
ポジティブな意味でしょうか?
適切であれば、この表現を使った例文を挙げていただければうれしいです。

みなさんはどう思われますか?
「何というか知っている」という人も、「知らない」という人も、コメント、意見、是非是非どしどしお寄せください!
日独バイリンガルの方からの貴重な意見も、お待ちしております!!
なんか今日のは
Yahoo!知恵袋 みたいですね(ちなみにドイツ語版は「yahoo!clever」です)
あと、こういう問題、通訳案内士試験とかにも出てきそうですね?!
よろしくお願いします。
****************
追記(2010.06.09)「心臓に毛が生えている」について、コメントくださった方、そしてご覧になってくださった方、どうもありがとうございます。おかげさまで、私なりに納得いく表現が見つかりました。この場を借りてお礼申し上げます。コメントは今後も受け付けますので、またなにかほかのアイデアや意見がありましたらどうぞ、書き込んでくださいね。
****************

心臓に毛が生えている

19 thoughts on “心臓に毛が生えている

  • 2010年06月03日 at 17:09
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >gosealhuntさん
    わたしもそう思いました。厚顔無恥というと、ネガティブだと思うのですが、「心臓に毛が生えている」は、「すごい、勇気あるねーー」「度胸あるねー」「根性あるねー」って感じで、ポジティブな感じで使われることが多い(?)ですよね。
    die Stirn haben
    についても、あるドイツ人から受けた説明では、「~する勇気がある」といったポジティブな感覚のようでした。でもこの表現知らないというドイツ人もいましたので、今頻繁に使われているような言葉であるかは分からないのです。

    Reply
  • 2010年06月03日 at 17:04
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    は、国語辞典で引くとネガティブな意味です。でも、自分の本が焼かれるナチスドイツの焚書を見物に行ったエーリヒ・ケストナーを私は「心臓に毛が生えている」と感じました。リンチされる危険があったからです。つまりkuehn,beherzt,furchtlosのようなポジティブな意味です。日本語は必ずしもネガティブな意味でないような気がするのですが、いかがでしょうか?

    Reply
  • 2010年06月03日 at 18:57
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >gosealhuntさん
    kühn ですね。この言葉はわたしの頭にはありませんでしたが、なるほどです。
    Schneid
    Rückgrad
    といった言葉も、聞いたドイツ人から上がりました。やはり、kühn と似たような、ポジティブな感じですよね。

    Reply
  • 2010年06月03日 at 19:00
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >yukinko.さん
    本当、どのような使われ方をしているか、どのようなニュアンスが含まれているか、辞書を引いただけではわからないですね。
    一語で片づけたりせず、シーンによって適切な言葉を使い分けることが、やはり必要になってきますね。stark でもしっかり伝わるシーンはあると思います!

    Reply
  • 2010年06月03日 at 18:38
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >deutschlernenさん
    辞書の言葉は、日本語にしてもドイツ語にしても本当に使われているのかわからないですよね。広辞苑なんかにも古い表現がたくさんあるし「うざい」のように若い人によく使われているけれど、辞書にない表現もあるし。それから、小説家とかが、小説を書いて言葉に新しい定義を与えてしまうということがあるような気がします。
    私はポジティブな場合なら上記の「kuehn」などの簡単な単語を自分的には使うような気がします。
    ブログで取り上げてくださり、ありがとうございます。

    Reply
  • 2010年06月03日 at 18:47
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    辞書引かず、自分の感覚で”心臓に毛が生えている”の意味を判断した場合、必ずしもネガティヴな要素だけではないように思います。”厚かましい”という意味合いは自分の中では全くといっていいほどありませんでした!”繊細ではない””たくましい”といった語感でしょうか。
    ドイツ語でなんと表現したらよいでしょうね。単に"stark"では不十分かな~?

    Reply
  • 2010年06月03日 at 19:59
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    ただいまドイツ人の
    お医者さんに質問中・・・
    たぶん無いと思う・・・
    うざいは
    副詞に「うざうざ」という語があります
    それが語源らしいですが
    どこかの方言でそもそもあるらしい。
    使われてたのは江戸時代からのようで・・・
    さて心臓のほうは
    ポジティブなのか
    ネガティブなのか
    それですら意味合いが変わる言葉ですなぁ

    Reply
  • 2010年06月03日 at 20:02
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >Makocciさん
    ドイツ人のお医者さんですか!どういう答えが帰ってくるか、楽しみです!
    続報よろしくおねがいしまーす!

    Reply
  • 2010年06月03日 at 20:31
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    難しい質問だそうです。
    den Nerv / Nerven haben
    がいいのではと
    Er hat stark Nerven
    だと
    あいつは度胸がある
    Du hast /Er hat vielleicht Nerven.
     あつかましい
    っというそうです。
    これが両方の意味を持つ表現かと・・・
    困難で良いでしょうか??

    Reply
  • 2010年06月03日 at 20:38
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >Makocciさん
    むおお!
    いいですねーーー。
    これ、いいじゃないですかーー?
    私にはぴったり来ました!
    みなさんどう思われますか?
    Makocciさん、お医者さんによろしくお伝えください!(*^▽^*)

    Reply
  • 2010年06月03日 at 20:42
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    半分日本人なので
    よけい聞きやすかったです。
    たまたま今日本にいるので
    (神経内科の先生)
    すぐレスが来ました。
    さすがですねぇ
    ポケット辞書にも載ってるくらいの
    一番身近な表現ですねぇ

    Reply
  • 2010年06月03日 at 20:46
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >Makocciさん
    バイリンガルの方なのでしょうか?
    日本語でもドイツ語でも、ポジティブでもありネガティブでもあり、と、ドンぴしゃな感じです。
    本当、身近な表現でした。さすがですね!
    目から鱗な感じです(ノ゚ο゚)ノ。

    Reply
  • 2010年06月03日 at 20:47
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >yukinko.さん
    わたしも同意見です!
    yukinko. さんがおっしゃっていたように、
    「stark」でニュアンスの変化がついていますよね!

    Reply
  • 2010年06月03日 at 20:45
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >Makocciさん
    すばらしいご回答だと思います!!ありがとうございます。なかなか使いこなすには難しいニュアンスですね(^▽^;)

    Reply
  • 2010年06月03日 at 21:32
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >Makocciさん
    というとエヴァンゲリオンが思い出されますが、神経科のお医者様だけにという感じ(笑)。
    うざいですが、ヌテラさんのブログで日本人うざい、みたいな意味でのうざいが「nerven」だったような。かんにさわる、という感じです。英語も同じような表現がありますね。

    Reply
  • 2010年06月04日 at 09:09
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    意味が分かりました
    Nerv ・・・ ネルフ
    自分普通にドイツ語読みしてしまったので
    ??でしたが
    そうですねぇ
    エヴァは、かなりドイツ語使ってますしねぇ

    Reply
  • 2010年06月04日 at 13:20
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >Makocciさん
    はい、SeeleとかNervとかドイツ語好きには笑っちゃいますよね♪
    カエルの歌、カエルのデイパックを買ったので、貼り付けました。ケロケロ!

    Reply
  • 2010年06月05日 at 04:52
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    エヴァンゲリオンのように、ドイツ語との関係になかなか気がつかない名称が多々ありますよね。
    ナウシカのメーヴェが何から来たのか気付いたのは、結構最近です(/ω\) (話飛びすぎ?!しかも有名な話?!)

    Reply
  • 2010年06月05日 at 10:14
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    ナウシカ大好きなので知ってましたよ!!
    意外と漫画やアニメでは
    ドイツ語使ってること多いですね。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です