09年の課題図書「Die große Liebe」に出てくる
カルロ・クリヴェッリのマグダラのマリア
表紙では顔が見えませんが──

ドイツ語上級-カルロ・クリヴェッリのマグダラのマリア
Die heilige Magdalena von Carlo Crivelli
ウィキペディア

zur Seite blickenden Auge
ein scharfes, reizbares Auge
die Lippen waren zu einem leichten Lächeln geöffnet
der Hals und der starke Nacken lagen bloß, über die Nackenpartie und den Rücken hinab bis zum Gesäß aber flammte das blondrote Haar, nur an einer einzigen Stelle von einem Haarband zusammengehalten…

 

主人公が「sarazenisch」とした左腕にある鳥のモチーフは、こちら「wikimedia commons」にある全身画像で見られます。

 

sarazenisch“は、
Sarazenen(サラセン人)”から派生したもので、 “fremdartig” や “alt” といった意味にも(本文にも“diese Fremdheit (S. 184)”とあり)。この本を読み解くキーワードの1つではないでしょうか。。。

キーワード : Die große Liebe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です