ともに【理由】を表す前置詞、vor と aus の違いについて

 

みなさん、先の記事で出した問題を解いてみてくれたでしょうか?
 
どうでしたか?まずは答えから。
 
 
1. Ich habe aus Angst gelogen.
「怖さのあまり、嘘をついた」
 
2. Ich weine vor Angst.
「怖さのあまり、泣く」
 
3. Ich sterbe vor Hunger.
「お腹がすいて死にそう」
 
4. Ich habe vor Enttäuschung die Lust verloren.
「がっかりして、やる気を失った」
 
5. Ich zittere vor Kälte.
「寒さで体が震える」
 
6. Ich habe aus Mutlosigkeit eine Chance verpasst.
「勇気がなかったために、チャンスを逃した」
 
7. Ich platze vor Neid.
「嫉妬のあまり、爆発しそう」
 
8 Ich schreie vor Freude.
「うれしくて叫ぶ」
 
9. Er stöhnt vor Wut.
「憤慨のあまりうなる」
 
10. Sie strahlt vor Glück.
「幸せで輝いている」
 
 
vor と aus、どちらをどの場面で使うか分かりましたか?
 
vor はコントロールできない動作を表す時に用います。
 
Ich sterbe vor Hunger.
→ 死んでしまいそうなことはコントロールできない
 
Ich zittere vor Kälte.
→ 寒くて震えるのは、自然に起こることで、震えを止めようとしても止まらない
 
Ich platze vor Neid.
→ ねたみの感情はコントロールできませんねーー
 
Sie strahlt vor Glück.
→ 幸せで輝くのも、隠そうにも隠せない
などなど。
 
特定のコントロールできない動詞(zittern「震える」など)とともに使われるケースが多いです。

 
対して、ausはコントロールできるもの。
 
Ich habe aus Mutlosigkeit eine Chance verpasst.
→ 勇気を出せば、チャンスはつかめる!(かもしれない!)
 
ただしこれはあくまでも文法的(辞書的、教科書的)なものです。例文1)や2)など、日常では、両方の前置詞を取る場合もありますので、どうぞご了承ください。(コントロールできる場合とできない場合があるからでしょうか。<こらえられる涙とこらえられない涙?──とはいっても、ドイツ語ネイティブにとって、両者間にはニュアンスの違いはないようです)

答えと解説:vor と aus の違い

4 thoughts on “答えと解説:vor と aus の違い

  • 2010年07月23日 at 20:57
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    そういう観点でvorと ausの使い分け方があるのですね。わたしはvorを「~のあまり」、 ausを「~から」と常に訳してきましたが、これでもなんとなく違いが出てくる気がします。「~のあまり」だとコントロールできないくて「~から」だとある程度理性が働いているような。

    Reply
  • 2010年07月24日 at 02:10
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >Mimì*さん
    なるほど!です(=⌒▽⌒=)
    日本語も「~のあまり」と「~から」と、同じ意味で使えますが、こうやってニュアンスの違いが出せますね!

    Reply
  • 2010年07月30日 at 19:49
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    いつもありがとうございます!!

    Reply
  • 2010年08月02日 at 20:05
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >kegelrobbeさん
    こちらこそありがとうございます!うれしいコメント、励みになります!!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です