4 thoughts on “(日本語) 【接頭辞】ver-「間違い」リスト(sich あり)

  • Wednesday April 13th, 2011 at 05:23 PM
    Permalink

    こんにちは
    “sich” があるのとないのとで意味がちがってくるんですね。
    なかなかとっさに使いこなせないです。
     

    Reply
  • Wednesday April 13th, 2011 at 08:16 PM
    Permalink

    Verlernen
    (学んだことを)忘れる。
    ヘッセの童話で覚えました。
    恐い単語です。

    Reply
    • Tuesday May 12th, 2020 at 01:00 PM
      Permalink

      はじめまして 質問です
      Beim から始まる例文にはsichは何故 つかないのでしょうか?

      Reply
      • Tuesday May 12th, 2020 at 01:17 PM
        Permalink

        初めまして。
        ご質問ありがとうございます!

        Beim Vortrag war ich so nervös, dass ich mich oft versprochen habe.

        「講演では緊張しすぎて、たくさん言い間違えてしまった」

        この文のことでしょうか?

        この文のことでしたら、mich が sich にあたります。

        sich は主語により、形を変えます。
        ich の時は mich に
        du の時は dich に、といった具合です。

        sich は 主語がer/sie/es (つまり3人称単数)の時と、sie(3人称複数)の時、及び、Sie(敬称の単複)の時の形です。

        せっかくなので、残りの形も記しておきます。

        wir – uns
        ihr – euch

        ちなみに、これらは4格(Akkusativ)の形です。

        質問内容が違っていたら、すみません。
        またコメントいただけると、嬉しいです。

        Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *