接頭辞「ab-」(分離・アクセント有)の意味で、「離れる」「下降」に続き、今日は「模倣」、「写す」です。例えば

abschreiben
写す+書く=「書き写す」
カンニングについて書いた過去記事にも、少しこの動詞が出ています。参考まで。

ほかに
abbilden
abdrucken
abgucken
abkupfern
ablesen
ablichten
abmalen
abschmieren
abspiegeln
abspielen
abtippen
abzeichnen
などなど。

次は──、どれにしようかな。。。まだまだ「ab」の意味はたくさんあります。

【接頭辞】ab-「写」

2 thoughts on “【接頭辞】ab-「写」

  • Wednesday May 25th, 2011 at 10:32 AM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    はヘッセの小説『クヌルプ』で、主人公のクヌルプがかれを認識せず助けてくれたドクトル・マホルトに「あなたは昔、私のノートをabschreibenしてたじゃないですか」と言ってたときの思い出の動詞です。ドイツ語体験が少ないので、個々の単語について「最初にどこで見た」のを記憶してることがあります。ドイツ語の達人、ネイティブには無理でしょうw

    Reply
  • Thursday May 26th, 2011 at 03:55 AM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >kegelrobbeさん
    いつも感心です。単語と作品をセットで覚えられているの。そうすると、意味は絶対忘れないでしょう。
    ドイツ語体験が少ないとは、いえいえ、そう思いません。Kegelrobbeさん、ボキャブラリー多いですよ!

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *