こんにちは。
前回の更新からまただいぶあいてしまいましたが、、、、、

最後の問題の解答と補足です。

 
Ersatzinfinitiv(代替不定詞)とは、
話法の助動詞(können, sollen, wollen, müssen, mögen, dürfen)、brauchen、lassen(使役)、sehen、heißenが、ほかの動詞の不定詞と使われるとき、完了形は過去分詞ではなく、不定詞が使われる(つまり不定詞が2個連なる)ことについてでした。

 

そして確認問題として出したのが、以下の問題

Ich habe die Tür offen ( ).
a. lassen
b. gelassen

 

 

 

答えは「b」の過去分詞形です。
代替不定詞ではありません!

 
そして補足ですが、

代替不定詞が入った文が副文となるときの動詞の位置に注意です。

例えば、

Ich habe die Tür öffnen lassen.
の文が副文になると、

Ich weiß nicht mehr, ob ich die Tür habe öffnen lassen.
となり、代替不定詞は常に一番最後になります。

 

以上、全7回にわたりお届けしてきた「代替不定詞」、終わりにします。

Ersatzinfinitiv 解説の補足

5 thoughts on “Ersatzinfinitiv 解説の補足

  • 2014年03月16日 at 21:02
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは
    いつも勉強させていただいています。
    今回の確認問題がなぜlassenではなくgelassenなのかがわからないので、もし出来れば詳しい解説をしていただければ嬉しいです。
    あと
    Ob ich die Tuer habe oeffnen lassen
    ですが、語順が
    Ob ich die Tuer oeffnen habe lassen
    とはならないのでしょうか?
    お教え願えれば嬉しいです
    よろしくお願いいたします

    Reply
  • 2014年03月21日 at 22:44
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >ドイツ語学習者さん
    コメントありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。
    近くブログ記事でお返事いたしますね。
    ありがとうございます。

    Reply
  • 2014年03月21日 at 23:24
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >ドイツ語学習者さん
    あと語順についてですが、
    Ob ich die Tuer habe oeffnen lassen
    で、
    Ob ich die Tuer oeffnen habe lassen
    ではないですね。
    こういう順番だということで覚えて頂けたら、いいと思います。

    Reply
  • 2014年03月22日 at 00:21
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    記事の方でもコメント欄でも丁寧な解説をいただきありがとうございます!とてもよくわかりました!
    これからも楽しみにしています♪

    Reply
  • 2014年03月22日 at 00:23
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >ドイツ語学習者さん
    さっそく読んで下さって、どうもありがとうございます!
    これからもバシバシコメント下さい!

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です