ドイツ語学習者さんから、前回の記事にコメント&質問いただきました。
われながら、おもしろい例文が作れたな、と喜んでいたので、前回の問題についての質問がなく、実はちょっとあれれ??????という感じだったんです。
そんなところでのコメントだったので、とってもうれしかったです。
ありがとうございます。

 

ほかにも同じような疑問を持っている人がいる(hoffentlich)かもしれないので、記事としてお返事&解説します。

 

ここから読まれる方は、わけがわからないと思いますので、
興味がありましたら、代替不定詞「Ersatzinfinitiv」の1番目の記事から読んでみて下さい。

 
簡単にまとめると、Ersatzinfinitiv(代替不定詞)は、
話法の助動詞(können, sollen, wollen, müssen, mögen, dürfen)、brauchen、lassen(使役)、sehen、heißenが、ほかの動詞の不定詞と使われるとき、完了形は過去分詞ではなく、不定詞が使われる(つまり不定詞が2個連なる)こと。

ですから

Ich habe die Tür öffnen ( ).
a. lassen
b. gelassen

の答えは「a」となりました。

 
そしておまけで最後に出した確認問題

Ich habe die Tür offen ( ).
a. lassen
b. gelassen

の答えなんですが──
まさかの(?)「b」でした。
不定詞ではなく、“普通に”過去分詞です。

 

この引っかけ問題わかってもらえましたか?(そう、引っかけ問題だったんです。。)
2文を比較してみるとわかると思います。

Ich habe die Tür öffnen lassen.
Ich habe die Tür offen gelassen.

なにかが違います。

 
そうです。2番目の文の「offen」は動詞ではなく、形容詞です。だから普通に過去分詞形になるんですね。
声に出して読んでみると、分かったかと思いますが、形容詞の offen と 動詞の öffnen、形が似ているし、いままでさんざん代替不定詞を扱ってきたので、動詞だと思い込んだりしていて、引っ掛かってくれた人がいれば、問題をつくったかいがあります(笑)。

 
ドイツ語学習者さん、おわかりいただけましたでしょうか?
(もう一つのご質問についてはコメント欄で返信しました。そちらをご覧下さい)

 

おまけのおまけにもう一つ、よく使えるいい例文を載せておきます。

Es tut mir sehr leid, dass ich dich so lange habe warten lassen.
すごく待たせてしまって、本当にゴメン!!!

 

語順にも注意してくださいね(*語順については前の記事で説明しています)。

 

 

 

 

あとプロフィールのニックネームを
deutschlernen から 「ドイツ語研究家」 に変更しました。
偉そうな名前でしょうか?
アプリをこれから少しずつ大きくしていきたいと思い、それに伴い肩書きを考えていたのです。
ググってみたところ、ヒットはなかったので、これだ!と思って決めました。
慣れてもらえるまで、ご面倒をお掛けしてしまうと思いますが、これからもどうぞよろしくお願いします。

種明かし:Ersatzinfinitiv: 解説の補足の補足

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です