人の名前や物の名前など、確かに知っているものなのに、なぜだかどうしても出てこない!いや、わかっているんだけれど!あれあれ!なんだったっけ?

 

こういうとき日本語では「『のど』まででかけている」などと言いますが、ドイツ語では「『舌』の上に乗っている」と表現します。なんとももどかしいですね。

Es liegt mir auf der Zunge!

Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です