昨日、ミヒャエル・ハネケ監督の映画「Das Weisse Band(邦題:白いリボン)」を見ました。もうずっと前のことだけれど、予備知識もなく見た「ファニーゲーム」にかなりショックを受けたことが今でも鮮明に残っていて、「Das Weisse Band」を見ている間も、ずっとドキドキでした。白黒だし、音楽もないし、謎ばかりだし おそろしい!

ドキドキのまま映画は終わりましたが、正直、さっぱりわかりませんでした。ご覧になった方いらっしゃいますか?(日本では今秋公開のようですね。わたしはDVDで見ました)もう一回見てみようと思います。

でもその前に、ネットでちょっと調べてみたところ、「連邦政治教育センター(Die Bundeszentrale für politische Bildung)」が出している、すばらしい資料を見つけました。

登場人物やストーリーの詳細な説明はもちろん、「Protestantismus(プロテスタント主義)」「Feudalismus(封建制度)」「Wilhelminismus(ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世主義)」「Patriarchat(家父長制)」など、当時の歴史的背景も事細かに説明されてあります。また作品をより理解するため、内容に関する問題や課題などもあり、教材にもなっています。

これを参考に、もう一度見てみよう。同センターではほかにも
Das Leben der Anderen(善き人のためのソナタ)
Sophie Scholl – Die letzten Tage(白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々)
Die fetten Jahre sind vorbei(ベルリン、僕らの革命)
Gegen die Wand(愛より強く)
Das Wunder von Bern(ベルンの奇蹟)
Good Bye, Lenin!(グッバイ、レーニン!)
など、多数の作品を取り上げています。

ドイツ映画だけでなく、「天空の城ラピュタ(Das Schloss im Himmel)」なんかもありましたよ。ドイツ語だけでなく、ドイツの歴史、政治、文化など、さまざまな観点からドイツを学べると思います。映画鑑賞にこの教材、お奨めです!

映画でドイツを学ぶ

6 thoughts on “映画でドイツを学ぶ

  • 2010年09月15日 at 19:48
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    ドイツ文化センターかそのそばの草月会館で「アギーレ、神の怒り」を見ましたがさっぱりわかりませんでした(汗)。

    Reply
  • 2010年09月15日 at 21:05
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして!
    私は宮崎駿の千と千尋の神隠しのドイツ版DVDを毎晩見てます(^v^)
    もう100回以上見てて、少しずつ聞きとれる単語、文章が増えてきました!!
    なかなか日本じゃドイツ語の映画を探すのは難しいですよね・・・(´O`)今回の記事を参考に、もっと映画でドイツ語に触れる機会を増やしていきたいです☆

    Reply
  • 2010年09月15日 at 21:59
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    ドイツの映画、テレビ番組は、おっしゃるとおり現地の雰囲気が伝わって良いと思います。
    ノミネートされているドイツ映画で何点かまだ観ていませんが、私に取っては、勉強用教材をかねて広く観るようにしています。その割には身に付く量が見合わないのですが。。。ちょっと前になりますが、GSG9、Autobahnpolizeiも比較的によく観ました。

    Reply
  • 2010年09月16日 at 03:01
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >kegelrobbeさん
    ヴェルナー・ヘルツォークですかー。この監督の名前は良く聞きますが、作品は見たことがありません。今度見てみます。連邦政治教育センターからも出ていませんね。残念(´□`。)

    Reply
  • 2010年09月16日 at 03:03
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >ぱん子さん
    はじめまして!コメントありがとうございます。
    千と千尋、100回以上ですか!継続は力なり、ですね。
    今回本文で取り上げた作品は、日本でも見られるものだと思いますよ。全部お奨めです。

    Reply
  • 2010年09月16日 at 03:18
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >Heinrich7さん
    わたしテレビはあまり見ないので、よくわからないのですが、確かに映画ほど長くないので、集中して聞くのには適していますよね。ドイツ語で映画を見ると、後半はだらけてしまいます(-。-;)

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です