ドイツ語では基本的に、名詞に冠詞が付くのですが、もちろん付かない場合(物質名詞や抽象名詞など)もあります。

そして、同じ名詞でも付く場合と付かない場合があります。
例えば、「Zukunft」。

 

 

in Zukunft

と冠詞が付かない場合は、「これから先」のこと、

 
 
in der Zukunft

と冠詞が付く場合は、何日後か何ヶ月後か何年後かわからない「将来、未来」のことを表します。

 
 
In Zukunft werde ich darauf aufpassen.
これからはちゃんと注意するよ。

In der Zukunft können Autos fliegen.
未来では、車が空を飛ぶようになる。
 
 
冠詞がつくかつかないか、ほんの小さな違いのようだけれど、ドイツ語で冠詞は非常に重要です。
冠詞については、また別の機会に改めて。

in Zukunft と in der Zukunft

2 thoughts on “in Zukunft と in der Zukunft

  • 2015年10月10日 at 12:21
    Permalink

    大変勉強になります

    Reply
    • 2015年10月18日 at 15:47
      Permalink

      ひややっこさん

      コメントありがとうございます!そう言ってもらえると、何よりです。
      不定期更新ですが、これからもよろしくお願いします!

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です