Schlichtung im Kita-Tarifkonfrikt

保育士らの賃金アップを求め、先月8日から行われた保育園・幼稚園ストで4日、労使交渉(die Tarifverhandlung)が決裂しました。

しかし、第三者を介入して調停(die Schlichtung)を行うことで合意。調停期間中はストを行ってはいけないというきまり(die Friedenspflicht)があるので、来週から保育園・幼稚園は通常通り開園することになります。

子どもたちや保護者にとっては朗報ですが、ストは終わったというわけではありません。調停でも合意に達しなければ、ストは再開となります。保育士らの戦いは続きます。

続報:保育園・幼稚園スト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です