形容詞の格変化変化のカギは冠詞類に

certificate

ドイツ語には格変化があります。格により、また男性名詞か中性名詞か、女性名詞かにより、さらに単数か複数かにより、冠詞類、形容詞および名詞の語尾が変化します。この格変化、とても面倒で、非常にややこしいですが、格変化を間違えれば、意味を大きく変えてしまうこともあり、しっかりとマスターしたいところです。レッスン3では、中でもわたしたちが一番間違いやすいであろう、形容詞の格変化について扱います。

その前に、冠詞類の格変化(例:der や ein など)はきちんと抑えていますか?まずはそこを理解した上で、このレッスンを始めて下さい。というのも、形容詞の格変化のカギは、その前にある冠詞類にあるからです。

ドイツ語の格変化には「弱変化」と「強変化」と「混合変化」があると習った人がほとんどではないでしょうか。私もその一人です。でも、格変化をこうにまでやっかいなものにしているのは、この「混合変化」のせいではないかと思います。ですのでこのレッスンでは、「混合変化」というのは忘れてください。格変化の種類は「弱変化」と「強変化」の2種類だけということで進めていきます。

すでに述べたように、形容詞の格変化のカギは、その前にある冠詞類にあります。その冠詞類に注意すれば、おのずと後続する形容詞の変化が決まるのです。とはいっても、一筋縄ではいかないのがドイツ語──でした。ですからレッスン3でもたくさんのルールを用意しました。最後になりましたが、このレッスンを始めるにあたり大切なことを一つ。どんな場合でも、男性単数4格を除き、1格と4格は同形ということに、留意してください。このことを念頭においているだけでも、格変化を理解するのはずっと簡単になりますよ。さあ、ではルールに沿って、覚えていきましょう。

 

あなたの形容詞の格変化能力をチェック!

Wenige Deutsch__ sind nett.
Eine Deutsch__ ist nett.
Beide Deutsch__ sind nett.
Ein Deutsch__ ist nett.
Einige Deutsch__ sind nett.
Der Deutsch__ ist nett.
Manche Deutsch__ sind nett.
Die Deutsch__ sind nett.
Sämtliche Deutsch__ sind nett.
Die Deutsch__ ist nett.
Mehrere Deutsch__ sind nett.
Deutsch__ sind nett.
Andere Deutsch__ sind nett.
Alle Deutsch__ sind nett.
Viele Deutsch__ sind nett.

あなたの「形容詞の格変化能力」は──?