trauen_vertrauen
Der Unterschied zwischen “trauen” und “vertrauen”?

独日辞書を引くと、どちらも「信用する」「信頼する」などと記されている trauen  と vertrauen 。共に類義語で、どちらでもいいケースが多いですが、置き換えができないケースも少なからずあります。この2つの動詞の使い分け、ばっちりですか?

次の空欄に入るのは、trauen と vertrauen 、どちらでしょう?

 

  1. Ich _____ mich nicht, dir die Wahrheit zu sagen.
  2. Er ist mein Partner. Ich _____ ihm völlig.
  3. Ich _____ auf unsere gemeinsame Zukunft.

 

trauen:

  1. Vertrauen zu jemandem, etwas haben; jemandem, einer Sache Glauben schenken; nichts Böses hinter jemandem, etwas vermuten
    1. etwas zu tun wagen, sich getrauen (meist verneint oder fragend)
    2. sich an eine Stelle oder von der Stelle wagen (meist verneint oder fragend)
  2. von Amts wegen in einer staatlichen oder kirchlichen Zeremonie ehelich verbinden

vertrauen:

  1. in jemanden, etwas sein Vertrauen setzen; auf jemanden, etwas bauen; sicher sein, dass man sich auf jemanden, etwas verlassen kann
    1. (gehoben veraltend) anvertrauen
    2. (gehoben veraltend) anvertrauen

両者の違いに注目して (ざっくり)見てみると

    • 再帰動詞として使うのは、trauen (sich trauen) で、「〜をする勇気がある、敢えて〜をする」という意味

 

    • 「〜を信じる」という意味では双方とも3格目的語をとる (jemandem trauen/vertrauen) が、前置詞目的語も取るのは、vertrauen (auf jemanden/etwas vertrauen) の方

 

    • 「〜を信じる」という意味のニュアンスは、trauen が「(ある部分で、あるシチュエーションで)疑う点はない (= nicht verdächtig?)」という意味である一方、vertrauen は「(全般的に)頼りにできる(= sich auf jemanden verlassen)」という意味(←問題2が一例)

 

と区別すると、分かりやすいのではないでしょうか。

 

 

加えて、trauen にはもう一つ、全く違う意味があります。それは、「結婚させる」という意味。der Trauzeuge「結婚立会人」という言葉、ご存知ですか?これと関連する動詞です。

 

ということで答えは1番から順に、traue, vertraue, vertraue になります。できましたか?

 

そしたら、zutrauen  との違いは何か、ということになってきますが、これはまた後で。

trauen vs vertrauen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です