【3格支配動詞の受動態について①】

タイトルの文章は、ドイツのタレント、Verona Pooth さん(旧姓Verona Feldbusch)が発言したもので、Pooth さん自身が出演する番号案内サービスのコマーシャルのキャッチフレーズにも使われるなど、かなり浸透している表現です。

↓コマーシャルの一バージョンはこちら↓


困ったときに「あなたは助けてもらえる」という意味合いなのですが、でもこの表現は間違い。まぁ、そもそも間違いだから、おもしろおかしく使われているのですが、ドイツ人でも私たちがするような間違いをするなんて、おもしろいですね。

では正しくはどう表したらいいでしょうか。

Ich helfe Ihnen.
「私はあなたを助ける」。この文章を受動態にするとどうなるでしょう。

Sie werden geholfen. ではありません。

Mein Lehrer lobte mich.
「先生は私をほめた」の受動態は
Ich wurde von meinem Lehrer gelobt. となるので、そう考えると、Sie werden geholfen. でも問題ないと思われるかもしれませんが、helfen のように3格の目的語をとる動詞の場合は Ihnen wird (von mir) geholfen. となります。

ではでは、同じく3格を取る動詞 gefallen を使った下の文を受動態にしてみてください。

Du gefällst mir.
「あなたのこと気に入った」

× Da werden Sie geholfen.

Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です