zittern vor …
「(恐怖や寒さなど)に震える」
 
Ich zittere vor Angst.
「怖くて震えている」
 
前置詞vor の意味の1つに「理由」があります。
上の文も、「怖いから震える」と、この用例ですね。
 
そして前置詞aus にも、vor と同様「理由」の意味があります。
 
でも、Ich zittere aus Angst.
ではありません。
なぜでしょう。。。
 
次回は、vor と aus の違いについて取り上げたいと思います!

zittern vor …

3 thoughts on “zittern vor …

  • 2010年07月21日 at 21:53
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    コメ返見てくださったんですね(^ω^)/
    自分は工学部のため1年の時しかドイツ語の講義がなく、
    その辺りの詳しい解説は聞いてないんです(>_<)
    新たに文法の書籍を買わないといけないんでしょうかね><

    Reply
  • 2010年07月22日 at 20:35
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >ブルーさん
    こんにちは!
    文法についてですが、、、んーーー。
    私は文法から入った(てしまった)タイプで、コミュニケーションとしてのドイツ語に苦労している部分が多いので、文法はそんなに必要ないのでは、と思います。ドイツ人に文法のこと聞いても、「なにそれ?」「知らない」と言われることばかりだし。。。
    もちろん、基本的な文法は頭に入れておいた方がいいと思いますが、ブルーさんは3級合格されているので、基本的な文法については、しっかり抑えているのでは、と思います。
    でも、どうしてこうなるのか、と疑問を持ったりした時には、やっぱり文法書が手元にあるとわかりやすいですよね。あと、試験など受ける予定があれば、やっぱり文法書が便利になると思います。
    とどっちつかずの答えで、すみません!
    (;´Д`)ノ
    まとめさせてもらうと、文法書は、ドイツ語を学ぶためではなく、疑問を持った時に調べるツールとして使うといいのではないか、と思います。

    Reply
  • 2010年07月23日 at 02:33
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    >deutschlernenさん
    自分も会話練習の相手なんかはいないから、コミュニケーションには苦しむでしょうΣ(´□`;)
    お返事ありがとうございます!m(_ _)m
    自分は単語を詰め込んで長文等で稼いだため、文法は正直できてないと思うんですが、
    やはり固執しすぎてもダメなんでしょうね><
    文法書については、困ったらインターネットで調べる手もありますから、とりあえずは保留しておきます。
    (そんな高度なレベルには達してないですし…)
    単位にかかわってくる訳でもなければ、近々試験を受ける予定がある訳でもないので、
    マイペースに続けていきます(σ・∀・)σ

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です