笑うために、地下室に行く──。

これは、人物の性格を表す表現なのですが、笑うために地下室まで行っている人とは、どんな人のことを指しているのでしょうか。

 

  • 地下室にまで行って笑っているくらいだから、その人はほかの人がいるところでは笑わない
  • つまり、その人が笑っているところを、だれも見たことがない
  • とはいえ、地下室では笑っているのだから、こっそりとは笑っているのか?
  • 笑うことを恥ずかしい行為とみなしているから?

 

ということで、笑うために地下室に行く人は、「ユーモアがない人」という意味。

zum Lachen in den Keller gehen = humorlos sein

 

 

ゲーテインスティトゥート検定試験ドイツ語大ディプロム(GDS)の今年の課題図書の1つ

Thomas Glavinic “Wie man leben soll”

に出てくる表現です。

GDSの対策(特に Lektüre)をやって欲しいと声をかけてもらったのですが、、、ほかにも希望者はいますか?

人数によっては、ワークショップなどを開くのも楽しいのではないかな、と思っています。とはいえ、みなさんお忙しい中での試験対策だと思うので、正直どうなるかわかりませんが。そもそも、今年GDSを受験する予定の方はどのくらいいるのでしょうか。

zum Lachen in den Keller gehen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です